スマートフォンのバッテリー節約と長持ちが必要ですか?これらの10の方法を試してください

theguardian.comからの画像theguardian.comからの画像

#smartphoneバッテリーの充電に関連する神話を以前に説明した後、今度はこのバッテリーを保存してエイリアスをより長く持続させる方法について説明します。バッテリーは確かにsamrtphoneにとって非常に重要な1つのコンポーネントです。バッテリーの状態が常に良好なため、スマートフォンでのアクティビティはスムーズに実行されます。

特に今、スマートフォンの使用レベルは非常に高いと分類されています。ここからは、日常生活の中でスマートフォンから離れられない人にとって、バッテリーが特に重要な役割を果たします。次に、このバッテリーを常に効率的で耐久性のあるものにする方法は?ここにいくつかのヒントがあります。

1.長時間使用しないときは携帯電話の電源を切ってください

1つ目は、長期間使用しないときは頻繁にスマートフォンの電源を切る方法です。この方法は、特にスマートフォン中毒者にとっては難しいですが、この方法は、バッテリーを長持ちさせるために非常に効果的です。スマートフォンをオフにする可能性が非常に高いのは、眠りたいとき、または信号のない場所にいるときです。

別の記事:  スマートフォンのバッテリーの充電に関する誤った5つの神話

2. BluetoothとWi-Fiをオフにする

BluetoothとWi-Fiは、多くのバッテリー電力を消費するスマートフォンの機能です。このため、BluetoothとWi-Fiに関連する重要性がない場合は、バッテリーを節約して長持ちさせるためにオフにする必要があります。

3.キーボードを押したときにバイブレーションとサウンドの機能をオフにする

スマートフォンのキーボードがまだ振動して音が鳴るように設定されている場合は、機能をオフにする必要があります。これは、機能が十分に大きな電力を消費しているため、バッテリーが無駄になり、耐久性がなくなっているためです。

4.写真にフラッシュを使用しない

写真を撮るときは、カメラのフラッシュを頻繁に使用しないでください。このフラッシュの使用は確かに多くのバッテリー電力を消費します。次に、写真を撮るときにカメラのフラッシュをアクティブにしないようにしてください。トリックは十分な光のある場所を見つけることです。

5.画面の明るさを下げる

輝度レベルを調整できる画面は、バッテリーを経済的で耐久性のあるものにするための効果的な方法です。トリックはまだ明るすぎる画面の明るさを下げるか下げることです。この設定を行った後の最初の段階では不自然に感じるかもしれませんが、時間が経つと新しい画面の明るさのレベルに慣れるでしょう。

6.未使用のアプリケーションを閉じます

多くのアプリケーションが殺到しているスマートフォンは、バッテリーがすぐに切れて長持ちしない絶好の機会があります。使用率がはるかに高くなることに加えて、使用後に閉じられるのを忘れてしまった#アプリケーションは、バッテリーをすぐに使い果たします。そのため、アプリケーションの使用が終了したら、必ずアプリケーションを閉じるかオフにしてください。

7. GPSをオフにする

多くの場合、バッテリーの消耗を早める次のスマートフォン機能はGPSです。そのため、本当に必要がない場合は、このGPS機能を無効にして、バッテリーを効率的で長持ちさせる必要があります。このGPS機能は、目的地を探している場合にのみ使用してください。

8.スリープ機能をスピードアップ

スマートフォンのバッテリーを長持ちさせるための次の方法は、スリープ時間を短縮することです。長時間使用しないスマートフォンは自動的にスリープモードになり、電池の消耗が少なくなります。バッテリーの耐久性と耐久性を大幅に向上させるには、スリープ時間を以前の設定よりも速くする必要があります。

9.通知とアカウント同期機能を設定する

スマートフォンはスリープ状態ですが、電子メールやその他のアカウントの通知および同期機能をアクティブにすると、バッテリーがすぐに切れます。したがって、このアカウントの同期機能と通知機能をより適切に設定して、バッテリーを長持ちさせることができます。

また読む:  [TIPS]遅い/遅いAndroidスマートフォンを克服する方法

10. Application Update Automation機能をオフにします

最後に、スマートフォンのバッテリーをはるかに効率的で耐久性のあるものにする方法は、アプリケーションの更新の自動化機能をオフにすることです。このアプリケーションの更新機能を手動で設定した方がはるかに良いでしょう。この設定を使用すると、バッテリーを良好なパフォーマンスに保つことにより、アプリケーションをいつでも自由に更新できるようになります。

関連記事