上司に贈り物をしたい、それを行うための5つのヒントを参照してください

ボスへの贈り物

従業員は、彼の特別な日に上司贈り物をしたいと思うことがあります。たとえば、上司の誕生日のとき、または幸せの別の日を祝うときなどです。

上司への贈り物は、他の友人への贈り物と同じではないことを知っておく必要があります。なぜなら上司は結局のところ、特にオフィスにいる場合は、尊敬しなければならない人々だからです。

まあ、あなたが上司への贈り物や贈り物をする人々の中にいるなら、あなたは以下のいくつかのヒントを考慮する必要があります。

  1. 上司にギフトを贈るときに別の友達を招待する

上司にギフトを贈りたい場合は、他のオフィスの友達と一緒に招待してください。贈り物への支出の負担を軽減できることに加えて、否定的な見方の出現を最小限に抑えることもできます。私たちがイニシアチブをとって贈り物をするなら、あなたが上司の前で顔を探しているとみなされることは不可能ではないからです。

悪い考えではありませんが、仕事の世界では、これはよく起こります。さらに、贈り物をする他の同僚と一緒にいる場合、上司と部下の間、および部下と部下の間でますます強固な関係を築くでしょう。そしてもちろん、これはオフィス全体のパフォーマンスを向上させることでより良くなっています。

別の記事:  愛することを選択する上司に対処する方法

  1. 利益を求めるつもりはない

これは本当に避けるべきです。利益を上げたいという願望に基づいて上司への贈り物や贈り物を与えないでください。贈り物をして利益を得ようとすると、安っぽく見えるだけだからです。

上司に贈り物をするとき、上司を尊重し、心に残る何かを心から贈りたい。このような理由で、あなたや他の友達は安心して幸せになれるので、もちろん仕事がもっと楽しくなります。

安心感に加えて、上司を尊重して贈り物をする理由は、上司の前でよりプロフェッショナルに見えるようにするためです。

  1. ばかげたことをしないでください

これは些細なことのように思えますが、注意する必要があります。あなたとあなたの同僚があなたにとんでもないことをさせないでください。馬鹿げているように聞こえるかもしれませんが、上司には適切ではありません。ガスマッチ、灰皿、その他のアイテムをプレゼントしないでください。

あなたの上司は喫煙者かもしれませんが、習慣をサポートするように印象づけるものを与えないでください。スポーツシューズ、お気に入りのクラブジャージなどを提供すると、はるかに良いでしょう。このようなシンプルなアイテムですが、あなたのボスに並外れた利益を提供します。

  1. 贈り物をするときに注意を払う

あなたは贈り物をするときに適切な時期を選ぶことに賢くなければなりません。贈り物を与えることによって上司を喜ばせるというあなたの意図をさせないでください、それは間違った時間のために混乱です。

余暇時間、自由時間、または休憩時間に贈り物をするようにしてください。または、サプライズをしたい場合は、午前中、勤務時間前にプレゼントを差し上げます。「イベント」がオフィスでの作業時間を妨げないようにしてください。仕事と仕事がうまく機能し続けるためには、専門家でいなければなりません。

上司の気分もよくわかりません。怒っている場合や怒りの状態になっている場合は、雰囲気が元気になり、怒っている上司が亡くなるまでしばらく待つ必要があります。

また読む:  オフィスでハードで虐待的な上司に対処する方法

  1. 何かを言うことを忘れないでください

上司に直接挨拶することも、気分が悪い場合はグリーティングカードを使って挨拶することもできます。シンプルながら何かを言うと、あなたと上司の間に温かみのある印象を与えます。口頭で話していたとしても、グリーティングカードに書いて小さな挨拶をする必要があります。

しかし、覚えておく必要があります。書くことでスピーチをするのはそれほど長くはありません。たとえば、「私をサポートしてくれてありがとう」というメッセージを書くだけで、下に名前を付けることを忘れないでください。一緒に贈り物をする場合、私たちは一般的なアイデンティティのみを与えます。

上司に贈り物をする際に最も重要なことは、従業員としての倫理、礼儀、プロ意識に注意を払わなければならないということです。結局のところ、あなたは彼の部下なので、贈り物や贈り物を与える際には注意する必要があります。

関連記事